MoneyHack

生活を少しでも豊かにするメディアです

【クレジットカード】ドル決済サービスは住信SBIネット銀行のVisaデビットカードがおすすめ

スポンサーリンク

f:id:Sabuaka:20171124184342j:plain

こんにちは。みくたです。

近年、ネット通販の急速な普及によりAmazon.com、e-bayやiHerb.comなど、日本人でも手軽に利用できる海外通販サイト(主にドルでの支払い)で物を買う購入することもめずらしくなくなりました。

 

ドルで販売されている商品も通常のクレジットカードで支払いをすることは可能です。ただし、手数料が加算される形で支払いを行うのが通常のクレジットカードの流れとなっています。

 

国際ブランド(JCBやVISAといった)によって、手数料が多少異なりますが、概ね1.6%程度となっています。例えば、10万円のものを購入すると、およそ1,600円もの手数料をクレジットカード会社に払う形になります。

 

ドル決済サービスのあるクレジットカードがオススメ

スポンサーリンク

 

ドル決済、つまりドル建てで支払うことができるクレジットカードが存在します。通常のクレジットカードは数多く発行されていますが、ドル決済を利用できるクレジットカードは非常に少ないのが現状です。

 

今までは、SBIカード株式会社が発行するSBIカードが最強のドル決済をもつクレジットカードでした。ただし、来年2018年にはSBIカードがサービス終了となります。

 

重宝していたSBIカードがなくなってしまうので、他になにかよいドル決済をもつクレジットカードがないか探していました。

 

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードがオススメです

メリット1 為替手数料が業界最安値

2018年3月16日までは、ドルの買付手数料無料キャンペーンを行っています。また通常でさえ、1ドルあたり4銭となっています。少し前までも15銭でした。

その15銭ですら業界最安値です。他社も横並びで15銭にしてきたところで、4銭へと変更。その後、現在はキャンペーンで買付は0銭という破壊的な価格を打ち出してきています。今後もSBIグループは他社の追随を許さないと考えます。

 

仮にドルの買付が4銭、ドル円112円とすると、1,000USDの買い物をしたとします。

1,000USDは112,000円です。為替手数料は40円となります。つまり、手数料は40円です。

通常のクレジットカードの場合と比較してみます。1.6%が手数料と考えると、1,000USDの1.6%ですので、16USDが手数料となります。ドル円112円で日本円換算しますと、1,792円が手数料となります。

 

メリット2 ポイント還元が高還元の0.6% キャンペーンもあり

通常の利用で、利用額の0.6%のポイント還元があります。

また毎月プレミアムフライデーから3日間のみポイント還元率1%のキャンペーンを行っています。

 

メリット3 デビットカードなので煩わしい審査がない

クレジットカードの申込には審査があり、申込から実際に使うまでに非常に時間がかかります。デビットカードはそのような煩わしい手続きがありません。

またクレジットカードではありませんので、維持費用もかかりません。

 

ネックになっていた事務手数料のキャッシュバックキャンペーンを実施

ドル決済を強みにもつSBIカードを終了させることで住信SBIネット銀行のデビットカードもしくは、ミライノ カードに移行させるつもりのSBIグループでありますが、新たに発行されるミライノ カードはドル決済のサービスを持ちません

 

そのため、Visaデビットカードのドル決済を使わざるを得ないわけですが、実は事務手数料がバカ高いのです。なんとびっくりの、2.5%となっています。

 

通常のクレジットカードでさえ1.6%ほどですので、わざわざデビットカードを使用するメリットがありません。

 

そこで、住信SBIネット銀行はその2.5%の事務手数料を年間30回までキャッシュバックするキャンペーンを打ち出してきています。つまり実質無料化ということになります。

contents.netbk.co.jp

事務手数料が無料となったことで、住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを使用するメリットが出てきたわけです。

 

実質、為替手数料だけを支払うだけでよいわけです。そして今は為替手数料無料キャンペーンも打ち出していますので、

手数料なし、ただ、ドルで支払うだけで、買い物が出来てしまうわけですね。

 

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは他社と比較してもオススメです。デメリットを考えましたが、大きなことは特にありません。メリットしかないといっても過言ではありません。

 

ただし利用額の限度がありますので、金額が大きい取引には注意が必要です。

 

サービス 期間 初期設定 変更可能な範囲
国内ショッピング 1回 50万円 0~200万円
1日 50万円 0~200万円
1ヵ月 100万円 0~1,000万円
海外ショッピング 1回 50万円 0~200万円
1日 50万円 0~200万円
1ヵ月 100万円 0~1,000万円
海外ATM
現地通貨引出し
1回 10万円 0~10万円
1日 30万円 0~100万円
1ヵ月 100万円 0~300万円

 

関連記事

www.moneyhack.work

 

スポンサーリンク