MoneyHackの節約ブログ

生活を少しでも豊かにするメディアです

リクルートカードは2枚持ちが可能!!キャンペーンは対象か?お得な申込み方法を解説!

スポンサーリンク

f:id:Sabuaka:20181223001926p:plain

リクルートカードは、年会費無料、ポイント還元率が1.2%の最高水準のクレジットカードになります。

選べる国際ブランドは、JCB・MasterCard・Visaの3種類となっています。

 


1.

二枚持ちのメリット

 

nanacoのクレジットカードチャージでポイント還元されるクレジットカードは数多くはありません。リクルートカードは1.2%ポイント還元されます。

しかし、ポイント還元されるのは月に3万円のチャージまでという制限付きになります。

 

固定資産税や各種税金の支払いにnanacoで支払えば実質リクルートカードでの支払いとなり、ポイント還元されます。結果として節約につながるわけですが、上限3万円だと年間36万円までの支払いとなってしまいます。

そこで、リクルートカードを二枚持つことで、nanacoへのチャージ額の上限を月6万円まで上げることができるのです。

 


2.

国際ブランドの組合に制限あり

 

  • JCB+MasterCard
  • JCB+Visa

の2通りとなります。VisaとMasterCardを同時に持つことはできません。つまり3枚持ちも不可ということになります。

 

一枚目はVisaかMasterCardがオススメ

 還元率2%のKyashに登録できるクレジットカードはVisaかMasterCardになります。JCBは登録できません。

まだ一枚も持っていないのであれば、VisaかMasterCardをオススメします。

www.moneyhack.work

Kyashでは、JCBが登録できませんが、スマホ決済アプリのOrigami PayにもJCBは登録できません

www.moneyhack.work

年会費無料で還元率が1.2%のクレジットカードはそうそうありません。なるべくリクルートカードにポイントを集中させたいですね。国際ブランドごとに対応している・していないサービスがあります。そういった意味でも、国際ブランドを複数持つことは大事といえますね。

今後も電子マネー・キャッシュレス決済は益々普及していくと思われます。国策でもありますので。新しいサービスが出たときに、すぐに対応できるようにVisa・MasterCard・JCBはいろいろなクレジットカードで持っておきたいですね。

 


3.

一枚目と二枚目はポイント合算が可能

 

同じリクルートIDからの申込みとなりますので、一枚目と二枚目のポイントが合算され、リクルートポイントが付与されます。

 

リクルートポイント→Pontaポイント→dポイント→dカード プリペイドカードへチャージ、という流れでポイントをdカード プリペイドの残高にする方法があります。リクルートポイントのオススメの利用方法です。

www.moneyhack.work

 


4.

二枚目申込みも審査は必要

 

私の場合、MasterCard保有→JCB申込みをしましたが、審査がありました。2-3日で通ったように記憶しています。

やはり、審査があるというだけで、申込みが少し億劫になってしまいがちですね。しかし、リクルートカードは2枚もちに魅力があるクレジットカードですので、是非オススメします。

 


5.

リクルートカードのキャンペーン情報

 

リクルート公式キャンペーン

f:id:Sabuaka:20181222235453p:plain

所定の条件を満たせば、通常時は6,000円分のポイントがもらえます。週末は8,000円分と、時期によって異なります。

  • 入会で1,000円
  • 初回利用で4,000円
  • スマホの代金支払決済で3,000円

といった条件となっています。

特に難しくはないので、らくらく8,000円分もらいましょう。

 

こちらのキャンペーンは新規一枚目のクレジットカードのみに適応されます。二枚目にはこのキャンペーンを受けることはできないので、注意です。

ポイントサイトキャンペーン(JCBのみ)

モッピー
f:id:Sabuaka:20181223002545p:plain

モッピー経由ですと、3,300ポイント(本記事を執筆時)もらえます。

モッピー解説記事です。

www.moneyhack.work

ハピタス
f:id:Sabuaka:20181223015510p:plain

ハピタス経由でですと、3,500ポイント(本記事を執筆時)もらえます。

 

ハピタスの方がややポイントが多いですね。どちらのサイトもお得なので両方登録がおすすめです。面倒であれば、ポイントキャッシュバックが多い方でいいと思います。

ハピタス・モッピーともに、Amazonギフト券楽天スーパーポイント・nanacoなどと交換可能です。もちろん、銀行振込も可能ですが、手数料がかからない電子マネーへの交換がオススメです。Tポイントへの交換はモッピーのみ対応しています。

 

注意点として、ポイント獲得の条件で、VisaとMasterCardは対象外となっており、リクルートカードJCBブランドのみが対象となっています。

 


6.

まとめ

 

  • 電子マネーチャージの月間制限が6万円まで増える
  • キャンペーンはクレジットカード一枚目のみ
  • ポイントサイト経由で10,000円相当以上のキャッシュバック

以上、二枚目持ちのメリットやキャンペーンの解説でした。参考になれば幸いです。

 

◯関連記事

www.moneyhack.work

 

モッピー経由でセントラル短資FX開設し24,000ポイントもらいました。

www.moneyhack.work