MoneyHack

生活を少しでも豊かにするメディアです

オススメの高金利銀行預金比較【2018年2月版】

スポンサーリンク

低金利のご時世だからこそ安全資産で少しでも資産を増やしたい!!

主に金利に着目し総合的な観点から銀行の比較を行いたいと思います。

 

総合ランキング

ずばり一位は楽天銀行です!!

f:id:Sabuaka:20180211023854p:plain

新規入金定期(ご自分名義の他行口座からのお振込み金額に対して適用)が一ヶ月定期で0.21%もあります。元々楽天銀行に預けているお金を他の銀行に移し、また楽天銀行に移してもOKです。ただし少し手間がかかるのがデメリットです。

 

マネーブリッジを利用すること(楽天証券口座と連携をすること)で普通預金ですら0.1%になり、現在の水準では最高峰の利率となっています。

 

0.1%の普通預金でも最高水準ですし、新規入金定期を利用すれば一ヶ月定期として0.21%あります。

www.moneyhack.work

二位は住信SBIネット銀行

言わずと知れたネット銀行の雄の住信SBIネット銀行。以前はハイブリッド預金が高金利でしたが、マイナス金利政策以降はぱっとしません。

6ヶ月・1年定期の金利が0.2%です。

定期預金になりますので、注意が必要です。

三位はイオン銀行

f:id:Sabuaka:20180211024642p:plain

イオン銀行はクレジットカードであるイオンカードを持てば、普通預金の金利が0.1%にアップされます。

 

現状は上記3行が有力な候補であるといえます。すべて持っておいてもよいと思います。私自身も上記3行すべての口座を保有しています。

 

比較材料として、メガバンクの普通預金は0.001%、定期預金0.01%といった水準です。

また、口座維持手数料を検討しているなど、メガバンクを利用するメリットが徐々に薄れて来ています。

www.sankei.com

少しでも高金利の銀行に預けることも重要ですが、自ら考え、このような情報にアンテナをはることが重要になってきている時代かもしれませんね。

スポンサーリンク