MoneyHackの節約ブログ

生活を少しでも豊かにするメディアです

ローソンPontaプラスの評判・評価は?他のクレジットカードとの比較、メリットは?

スポンサーリンク

f:id:Sabuaka:20190403215048p:plain

出典:ローソン

ローソン史上最強Pontaカードと謳われている「Pontaカード」ですが、実質的には、クレジットカードとみてよいでしょう。

ポンタ関連のクレジットカードやポイントカードはたくさん存在しますが、ローソンPontaプラスはお得なのでしょうか?

他のクレジットカードとの比較を交え解説します。


1.

ローソンPontaプラスのメリット

ローソンPontaプラスの基本スペック

  ローソンPontaプラス
年会費(本会員) 無料
本カード
発行手数料
無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 1,000円(税抜き)
国際ブランド MasterCard
ポイント
還元率
ローソン以外 0.5%
ローソン 2~4%
ショッピング保険
国内旅行傷害保険 ×
海外旅行傷害保険  ×

基本スペックを表に纏めました。特筆すべきはローソンでの還元率でしょうか。

 

ローソンPontaプラスのポイント還元率

ローソンPontaプラスのポイント還元率は、ローソン以外の利用で200円につき1ポンタポイントなので、還元率0.5%です。

ローソン・ローソンストア100、ナチュラルローソンでの利用の場合は最低2%、ステージによって、還元率が最大4%へ上がります。

f:id:Sabuaka:20190404000437p:plain

出典:ローソン

ローソンPontaプラスの月間利用金額に応じて、ステージボーナスがつく形で最大4%の還元率となります。

全く利用のない場合でも2%、月間8万円以上の利用で、ローソンでの還元率が4%となります。月間利用金額は、トータルの利用金額なのでローソン以外も含まれます。

ローソンでの利用が4%の還元となるクレジットカードなので、ローソンに特化されたクレジットカードといえます。

 

ローソンPontaプラスの評価

月間8万円という金額は、個人的にはかなり大きな金額だと感じます。生活で発生する支払いをすべてローソンPontaプラスで支払えば、達成可能かもしれません。個人的には、労力やお金をかけてローソンでの支払いのみで4%還元を目指す理由はないように思います。

 

リクルートカードと比較

ローソンPontaプラス・最低2%のポイント還元について言及します。

リクルートカードはポイント還元率1.2%の高還元クレジットカードです。リクルートポイントはPontaポイントに変更できるため、実質Pontaポイントでの還元となります。

ローソンの買い物で、Pontaカードを提示し、リクルートカードで支払いをすれば、1%+1.2%=2.2%のPontaポイントが貯まります。

 

ローソンPontaプラスはローソン以外のポイント還元率は0.5%です。一方リクルートカードは、どこで使っても1.2%の還元率となるため、リクルートカードの方がオススメです。

www.moneyhack.work

dカード・dカード プリペイドと比較

f:id:Sabuaka:20190404002609p:plain

年会費無料のdカード・dカード プリペイドは、ローソンでの利用が3%オフになります。

更にポイント還元率は以下の通りです。

  • dカード 1%
  • dカード プリペイド 0.5%

ローソンでの利用で3%オフになり、さらに上記のポイントが還元されます。ただし、dカードのポイント還元はPontaポイントではなく、dポイントになります。

上記のポイント還元に加え、Pontaポイントを提示すれば、さらに1%のポイントがつきます。

  • dカード 5%
  • dカード プリペイド 4.5%

すべてまとめると、トータル還元率はこのようになり、ローソンでの利用は、dカード・dカード プリペイドがお得です。

 

通常利用でお得なリクルートカード、ローソン利用でお得なdカード・dカード プリペイドがあるので、ローソンPontaプラスの入る余地はやや厳しそうです。

 


2.

デメリット

 

nanacoなどの電子マネーチャージはポイント還元対象にはならない

  1. 楽天Edy
  2. モバイルSuica
  3. SMART ICOCA
  4. nanaco クレジットチャージ
  5. au WALLET プリペイドカードチャージ
  6. ウェブマネー

上記は、ポイント還元非対象の主要電子マネー一覧です。

nanacoクレジットカードチャージは、リクルートカードがおすすめです。月間3万円までの制限はあるものの還元率1.2%という高還元を誇ります。

または、kiigoを利用すれば、リクルートカード以外のクレジットカードでもポイント還元されます。

www.moneyhack.work

www.moneyhack.work

Apple Pay利用の場合注意が必要

f:id:Sabuaka:20190404170657p:plain

ローソンPontaプラスは、ポイントカードとクレジットカードの両方の機能を持っています。

Apple Payで利用する場合は、ポイントカードとして、クレジットカードとしてそれぞれApple Wallet、Apple Payへ設定することが推奨しているようです。

両方設定しておけば、ローソンでの利用は100円につき、お買い上げ2ポイントもらえます。

 


3.

入会キャンペーンは最大7,000ポイント

 

  1. 会員専用WEBサービス登録:500ポイント
  2. WEB明細チェック:500ポイント
  3. 対象期間内に50,000円以上利用:3,000ポイント
  4. 電気・ガス料金の支払い:1,500ポイント
  5. 携帯電話の支払い:1,500ポイント

1.2.に関しては、すぐに誰でも可能なので、1,000ポイントはもらえます。

3.については、入会から3ヶ月後の月末までの間で50,000円以上の利用になるので、やや厳しい条件です。

50,000円ちょうどの利用なら、3000ポイントは6%の高還元になりますね。対象期間内に50,000円以上使えるか?といったところですね。

4.5.については、電気・ガス・携帯電話の支払いをすればよいわけですが、これらは毎月支払う上に、支払い方法の変更は面倒なので、ローソンPontaプラスでこれからも払い続けて欲しいという意図になりますね。

ローソンPontaプラスをメインカードにするのであれば、すべてのキャンペーンをクリアできそうですが、サブとして持つのであれば、1.2.3.までかな?といったところですね。

支払い方法の変更が面倒でなければ、7,000ポイント全額もらうのはありですね。

 


4.

まとめ

 

ローソンPontaプラスは、ローソン利用でお得なクレジットカードです。しかしそれ以上にお得なクレジットカードが存在するため、やや存在感が薄い印象になってしまいます。

無条件で年会費無料、キャッシュバック特典ももらえますので、発行しておいてもいいかもしれません。すでにあるPontaカードから切り替えもできるので、そういう手もあります。

もう少しお得な特典が欲しいところ、というのが正直なところです。

 

公式サイトはこちらから。

creditcard.sp-lawsonbank.jp

 

◯関連記事

www.moneyhack.work

www.moneyhack.work

www.moneyhack.work